PASMO 使用方法 芸能人 今日のできごと

PASMO 使用方法のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

PASMO 使用方法

PASMO使用方法説明です。

基本的に、自動改札機の読み取り部やバス運賃箱の
IC読み取り装置などにタッチするだけで通過することができる。

鉄道での利用

鉄道の場合は入場時には初乗り運賃を前引きされず、
出場時に乗車された区間の運賃を一括して差し引く。

ただし、従来のパスネットと同様に初乗り運賃以上の残額(鉄道会社によって異なる)
がないと入場することができない。

また、従来のパスネットで適用される連絡割引や他の鉄道会社線との連絡割引についても
PASMOでも自動的に適用される(ただし、重複する場合は値引き額が大きい方のみ適用)。

なお、一度に精算できるのは4社局分までである。

途中一度も改札を通らない場合は圏内で最大6社局までの連続乗車が可能だが、
運賃計算上5社局以上になる場合は窓口での精算となる。

また、SuicaについてもPASMOサービス開始時から前述の方法が適用される。

なお、自動改札機が設置されていない駅については
簡易ICカード改札機を設置して対応している。

また、厚木駅・八丁畷駅・伊勢崎駅・小川町駅・寄居駅・越生駅には
Suica事業者であるJR東日本との連絡改札機が簡易ICカード改札機になっているので、
これらの駅での対Suica事業者間の乗り換えは必ず改札機にタッチしなければならない。

タッチされないと実際の乗車経路と異なる運賃が減額されてしまう。

なお、連絡定期券の発売範囲は従来の磁気定期券の発売範囲に加えて
多摩都市モノレール・ゆりかもめ・横浜新都市交通(シーサイドライン)にも拡大されている。

途中改札を通らない経路で定期券が2枚以上になる場合は、
IC定期券を含んだ組み合わせでは利用できず、従来通り磁気定期券2枚を使用することになる。

この場合、IC定期券パスネットなど他の乗車券類との同時使用での改札機の通過も不可能である。

定期券のうち、PASMOで発行可能になるのはPASMO加盟事業者間のみのものとPASMO加盟事業者と
Suica加盟事業者に跨る場合でPASMO加盟事業者駅発となるものに限られる。

また、発着駅ともSuica加盟事業者社のみとなる定期券PASMO定期券として発行することはできず、
逆も同様である。

振替輸送はSuicaと同様に基本的には受けることができないが、
PASMO定期券の有効期間内で券面表示区間内での乗車に限り振替輸送を受けることができる。

SF乗車の場合については、パスネットと異なり振替輸送の対象外となるので注意が必要である
鉄道会社でもポスターなどで告知している)。

バスでの利用

基本的には現行のバス共通カードを使う際と変わらない。

PASMOではカードを挿入する代わりに読み取り器にタッチする
(ただし、始発地からと同一運賃となる停留所からの乗車時でもバス共通カードのように
乗車時のタッチを省略し降車時のタッチのみで済ませることができない場合がある)。

利用可能なバスには乗車口の横に「バス共通カード取扱車」「共通カード取扱車」に代わって
PASMO Suica バス共通カード ご利用いただけます」というステッカーが、
車両正面に「PASMO」のステッカーがそれぞれ貼付されている。

なお、PASMOのみ導入するバス事業者はステッカーが「PASMO Suica ご利用いただけます」となる。

ただし、2003年頃まで発行されていたSuicaショッピングサービスに対応していない
初期のSuicaイオカードSuica定期券は使用できず、
読み取り機の下部に注意書きステッカーが貼付されている。

なお、サービス開始から当分の間はバス車両の前面窓下に
PASMOを利用できることを表す前面幕が掲げられている。

定期券は一部の事業者(2007年3月18日現在は東京都交通局のみ。

以降事業者が全線で導入時にサービス開始予定)で実施される。

また、鉄道のように券面への印字はされない反面、1枚で鉄道定期券と共有できる、
事業者に関係なくSuicaPASMOのいずれにも定期券情報を入れることができるなどの特徴がある。

いずれも鉄道バスとの乗り継ぎを考慮していると思われる。

バスについては鉄道のように2007年3月18日より一斉に利用可能になった訳ではなく、
車両への対応運賃箱の設置が順次進められている状態で、
同年8月26日時点ではPASMOSuicaを利用できる車両とできない車両が混在している。

このため、PASMOSuicaを全車両で利用できるようになるにはしばらく時間を要すると推測される。


PASMOに関する内容は、別ページに掲載しています。

PASMO 発売再開!!
PASMO 名称の由来
PASMO 概要
PASMO 種類
PASMO 購入方法
PASMO バス利用特典サービス
PASMO チャージ(入金)
PASMO 履歴表示・印字
PASMO 電子マネー
PASMO 関係企業以外の参入状況
PASMO オートチャージサービス
PASMO 導入事業者一覧
PASMO 相互利用
PASMO 注意点
■参照
goo ウィキぺディア


スポンサーサイト

スポンサードリンク

2007年09月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。