PASMO 概要 芸能人 今日のできごと

PASMO 概要のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

PASMO 概要

PASMO概要が、細かく説明されています。

関東地方を中心とする鉄道(JR東日本・JR東海以外の私鉄・地下鉄)、
路線バスの大半の事業者で発売される共通カードである。

ただし、鉄道26事業者・バス75事業者のうち一部
(主にパスネットバス共通カードを発売していなかった事業者)は順次導入予定である。

サービス開始と同時に、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール
・東京臨海高速鉄道が発行する「Suica」との相互利用も併せて行われ、
Suica加盟事業者の利用エリアのうち仙台・新潟エリアを除く首都圏エリアでも
PASMOが鉄道バスで利用でき、PASMO加盟社局ではSuicaの利用ができる。

これにより首都圏の鉄道バスのほとんどが1枚のカードで利用できることとなった。

また、併せて電子マネーとしても利用できるが、
こちらも同様にSuicaとの相互利用が可能となっている。

サービス開始以降、加盟するほとんどの鉄道事業者と駅では、
PASMOSuica)対応の自動精算機および自動券売機(一部事業者を除く)、

ICカード読み取り機を設置した自動改札機および入金機(一部事業者のみ)が導入され、
利用可能となっている。

機器には「Suica」の記載はないが、Suicaでの乗車や入金もできる。

路線バスでも運賃箱の上にICアンテナを取り付けてPASMOSuica)の利用が可能になっている。

ただし、バスは順次導入のため、現時点で利用できない路線・車両がある。

PASMOのキャラクターはロボットである。
Suicaのキャラクターであるペンギンと同様に名前は付けられていない。

基本色としてはピンクだが、一部鉄道会社のホームページやパンフレットでは
青や赤のロボットも見ることができる。

PASMOを取り出すためにお腹の辺りに蓋がある他、
急いでいる時は電車バスに変身するという設定である。

サービス開始に備え、導入事業者の各駅では2006年から自動改札機や
自動精算機などのICカード対応準備が行われた。

サービス開始前日まではICアンテナ部に蓋がされており、
一部の事業者でPASMO導入告知ステッカーや広告を貼付していた。

そして、サービス開始後は投入口の上に貼付している
パスネットの2枚投入ステッカーが従来より小さなものになっている。

導入事業者の中でも、京浜急行電鉄はパスネット導入が他社より遅れた過去からか、
売り込みに最も積極的であった。

PASMOに関する内容は、別ページに掲載しています。

PASMO 発売再開!!
PASMO 名称の由来
PASMO 種類
PASMO 購入方法
PASMO 使用方法
PASMO バス利用特典サービス
PASMO チャージ(入金)
PASMO 履歴表示・印字
PASMO 電子マネー
PASMO 関係企業以外の参入状況
PASMO オートチャージサービス
PASMO 導入事業者一覧
PASMO 相互利用
PASMO 注意点
■参照
goo ウィキぺディア
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/PASMO/detail.html?from=websearch


スポンサーサイト

スポンサードリンク

2007年09月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。