「びっくりラーメン」180円を吉野家が! 芸能人 今日のできごと

「びっくりラーメン」180円を吉野家が!のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「びっくりラーメン」180円を吉野家が!

びっくりラーメン」の店は、ちょっと前にうちの近くの大通りに
出来たけど、一度も入ったことないんだな・・・。

180円ってかなり安いけど、もし、まずかったらどうしよう?とか、
180円なりの量しか入ってないだろうし、お腹いっぱいにならなくても、
2個食べる気にはたしてなるだろうか?

とか、いろいろ考えちゃって、結局、一回も食べたことないのです。

おいしいんですかね?

ところが、この「びっくりラーメン」、チェーンを運営するラーメン一番本部
(大阪市)が30日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したんだそうです。

つまり、もう実質的に経営が困難になったというわけですね。
負債総額は子会社分も合わせ約39億円にものぼるそうです。

そこで、吉野家が手を上げました。

牛丼チェーン吉野家ディー・アンド・シーは同日、
「裁判所の許可を条件に店舗や工場などの事業を譲り受ける」と
支援に乗り出す方針を発表しました。

なぜ、経営困難になったのでしょう?原因はこのようです。
asahi.com 

ラーメン一番本部は97年、加藤博一社長が大阪市福島区で創業した。
材料を自社工場で生産し、製造原価をめん1玉15円程度、
スープ10円台に抑えた格安ラーメンが学生らに人気をよんだ。

04年と05年には約50店舗ずつ出店し、06年11月現在で関西や関東、
九州などにフランチャイズを含め約200店を展開。

05年12月期には約58億円の売り上げがあった。

しかし、実際には材料工場の稼働率を上げるための無理な出店を重ねたとみられる。
人材育成も追いつかず、日本語が不自由な外国人を店の責任者にするなどしたため
接客サービスが低下。顧客離れを招いた。

途中までは良かったけど、底なしに利益だけを追求するあまり、
経営がハチャメチャになってしまったということですか。

でもま、吉野家が「びっくりラーメン」の味を買ったということは
少なからず、あるのかもしれませんね。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

2007年09月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。