WBC世界フライ級タイトルマッチ 大毅の反則 芸能人 今日のできごと

WBC世界フライ級タイトルマッチ 大毅の反則のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

WBC世界フライ級タイトルマッチ 大毅の反則

WBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)で
亀田3兄弟次兄大毅(18)が反則したんですか?

kameda1.jpg


私は見ていなかったなぁ。

長男興毅(20)のランダエダ戦ですっかり亀田兄弟に興味を
無くしてしまったもので。

しかも、厳しい処分が科せられることになったとか・・・

どんな反則かというと、ヘッドロックにサミング(目つぶし)、
すくい投げにもろ手刈りとまるで、プロレスか相撲のような技。

安河内剛事務局長(46)は「ビデオを取り寄せてもう1度、
大毅選手反則を検証します。

生命にかかわるような行為があったら、厳重処分は当然と考えている」
と明言したんだそうだ。

驚くのは、それら反則行為指示したのは、大毅の身内、父親
興毅だということ。

11回開始直前のインターバルで大毅に対し「ひじでエエから目に入れろ」
とアドバイスする興毅の音声がテレビ中継で流れ、
反則を持ちかけた疑いが持ち上がっている。

この試合反則行為を受けて、日本ボクシングコミッションJBC)の
森田健・審判委員長(72)は13日、次のような再発防止策をJBC
提案する方針を示した。

日刊スポーツ

スポンサーサイト


スポンサードリンク

2007年10月14日 トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://dekikon2.blog116.fc2.com/tb.php/113-ff4215b6

口臭が劇的に改善してしまいます。

内藤大助、亀田を痛烈批判「クリーンなボクシングを!」オリコンまだ、戦いでの傷が生々しいまま登場した内藤選手も「サミング(目つぶし)が多かったので、頭にきてこついたらレフェリーにしょっ...

2007年10月14日 News飛び乗り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。