長井健司さんミャンマーで銃撃死 芸能人 今日のできごと

長井健司さんミャンマーで銃撃死のページです。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

長井健司さんミャンマーで銃撃死

長井健司さんの心臓に銃弾がを貫通し倒れた瞬間にも、彼はカメラを離さなかった。

nagaikenji1.jpg


ミャンマー軍部の無慈悲な弾圧に追われるデモ隊の姿を撮るためだった。
27日午前、東京を拠点に活動する写真・ビデオ通信社であるAPFニュースの記者
長井健司さん(50)のこうした姿は、写真映像を通じ全世界に広がって行った。

独身の長井さんは大学卒業後、米国研修を経て、撮影もすれば記事も書く
「1人言論人」として活動し、主にイラクアフガニスタンのような
紛争地域の取材を専門としていた。

最近APFと契約を結び、タイバンコク取材した長井さんは、
25日にミャンマーデモ拡散の模様を聞くや東京本社と連絡を取って取材を志願、

直ちにミャンマー最大の都市ヤンゴンに入った。

山路徹APF社長は、
「彼は、誰も行きたがらない場所へ誰かが行って取材しなければならない、
と口ぐせのように言っていた」と述べた。


ヤンゴン市内のあちこちでデモの現場をカメラに収めた長井さんは26日、
山路社長に「街の取材を続ける予定だ」と電話で話した後、連絡が途絶えた。

翌日、外信が捕捉した写真を通じ、鎮圧軍兵士銃口の前に倒れたまま
ビデオカメラをしっかり手に持った彼の姿が流れた。


世界的な動画サイト「ユーチューブ」では28日、悲劇が起きた当時の状況を
そのまま映した映像公開された。

軍用トラックから降り立った鎮圧軍を避けて散りぢりになる市民を
不安そうに追う画面の中で、
長井さんは、ある兵士のたれ地面にばったりと倒れた。

たれた直後も、彼は現場にカメラを向けていたが、
間もなく腕の力が抜け、体を横たえ動かなくなった。

ミャンマー当局は、長井さんが流れ弾に当たって亡くなったと発表したが、
日本政府は「故意による殺害」の可能性が大きいと強く抗議した。

日本の町村信孝官房長官は28日、「(銃弾が)心臓貫通しており、
上半身左側に(貫通による)があると聞いている」と述べ、
徹底した真相調査ミャンマー当局に求めた。

昨日のザ・ワイド長井さんがカメラを持って倒れているすぐ側に
長井さんに銃口を向けて立っている軍兵士の姿がはっきり映った写真を見た。

私も決して、流れ弾なんかで死んだんじゃないと思ってます。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト


スポンサードリンク

2007年09月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。