芸能人 今日のできごと

芸能人のニュース・結婚・離婚・恋愛・出産・事件などを中心に、今日起こった芸能人のできごとを取り上げて、レビューなどをしていこうと思います。
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

久本雅美ついに急落

hisamoto


かつて、山田邦子がNHK好感度調査で8年連続1位を記録したのはよく知られているが、トップから転落してからは人気凋落に歯止めがかからず、そのままフェードアウトしていった。」さて、気になるのは久本の今後。久本雅美(49)はこの結果に肩をガックリと落としているのではないか。03年2月度の同調査で2位をマークして以降、久本は長らく10位以内をキープしてきた。が、前回の07年8月度調査で12位にまでダウン。

「ついに、来るべき時が来たということでしょう」というのは、芸能評論家の肥留間正明氏。久本も山田のパターンをたどる可能性はあり得る」(肥留間正明氏=前出)踏みとどまって欲しいが。。先日、ビデオリサーチが年2回実施している「テレビタレントイメージ調査」が発表され、久本は“女性タレント人気度ベスト20”の圏外に去ったのだ。

久本は「いきなり!黄金伝説。」(などレギュラー6本を抱えている“売れっ子”。特に最近は若手の女性芸人が続々と登場していて、“別に久本じゃなくても……”という視聴者が多いのではないでしょうか。

「テレビ局は、落ち目の“大物”はギャラの面などがネックになって、扱いづらいもの。また、彼女が熱心な創価学会の信者だとアチコチのメディアで報じられているのもマイナスです。今回でランクから陥落してしまった。「久本の人気が落ち始めているという調査結果が出たのは、テレビに出すぎて飽きられたのが理由だと思います。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

2008年04月07日 トラックバック(1) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。